<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

要するに3月生まれなんだよ   

スポーツ選手って早生まれの人が少ないらしいね

小学生時代や中学生時代に同世代の子に比べ成長が遅いので

運動に対してコンプレックスを抱く子が多いそうです

早生まれでも元々体つきいい子とかもいますけどね・・・

確か4~6月生まれのスポーツ選手の量は1~3月生まれの3倍とかそんなもんだったと思います


自分の誕生日は3月21日で早生まれでも更に遅いほうだったんですが

小学生時代なかなか苦労しました

小4だったか?のスポーツテストで握力8を記録したり

ソフトボール投げクラスで男女合わせて最下位だったりとか

何mか覚えてないんだよな・・・

ドッチボールで外野にパスできなかったのは確かなんだけど

50m走は10秒切れるか切れないかぐらいだったかなぁ

まあそれでスポーツテストD判定だったりしました

Eでは無かった気がする・・・たぶん

そんな自分も中学生になる頃には大分マシになりましてB判定もらえるようになりました

運動できない人ってイメージは中学から消えた気がします

女子からも「タナオ君って地味に運動できるよね」って思われてたと思う

地味すぎて評価されてなかった可能性も考えれるが僕は今日からポジティブに生きます


どうもタナオです

当時一番何が嫌だったか思い出してみると

やっぱり鬼ごっこ

鬼になったら最後。休み時間が終わるまで鬼のままです。

あれは悪魔のゲームです

鬼ごっこの他にもう一個嫌な思い出があります

何を間違ったのか全校生徒の前で作文を読むはめになったんです

これが嫌だった

何の作文かはあんまり覚えてないんですけど

大した内容ではなかったのは確か

小学生レベルで見ても大したことなかったと思います


どう間違って作文を読むことになったかというと

自信はないけど小4?の頃

担任の先生が言い出した

「終業式で作文読んでくれる人いませんか?」

当然誰も返事をしない

先生「誰か引き受けてくれないと困るんですけどねぇ」

やっぱり誰も返事をしない

しばらく沈黙した後

クラスのお調子者のA君が急に「俺やります!」と手を挙げる

やった!帰れる!と自分が思ってたら

A君の取り巻き3人くらいが「いや、俺がやるわ」とか言い出す

何故か別にA君と仲良くない別のグループの人も手をあげる

この流れを見た瞬間

ダチョウ倶楽部のあのノリじゃね?と幼い頭で瞬間的に判断し

男子はあと5人くらいしかいない!行くなら今しかねぇ!

って手を挙げたら

他の5人は続かなくてダンマリ

・・・

あれ!?思ってたのと違う!!

って動揺していたら

先生「・・・じゃあ手を挙げた人でじゃんけんしてもらいます」


まあ、後はそういうことです


作文発表は早口すぎて何言ってるか分かんない

って何人もの人にダメだしされたの覚えてます
[PR]

by tanao111 | 2009-11-23 00:05 | いつもの小言的なの

よくある悪いパターン   

明日更新しようかな?と思ってる日数が一週間くらいありました

なんというかダメだな

いとこ(9歳アメリカ人)が言ってたんですけど

アメリカでは「ググれ」のことを「Google it!」って言うらしいです 

何かかっこよくね?


そういえば連珠の大会に出てきました

連珠って何?と思ったら

Google it でよろしくです

んでその連珠の大会出たんですが

2位を頂きました

自分の予想通りであると同時にノルマも達成できて

結構嬉しいのは嬉しいんですが

これで通算何回だ

多分9回目の2位獲得です

1位はちなみに0回です

なんか悲しいです

どうもタナオです


また名言の無駄知識披露でもします

「地球は青かった」ってガガーリンが言った言葉で有名なのがありますけど

これ実際は

「地球はみずみずしい色彩にあふれて美しく薄青色のヴェールをまとったものというか何というか一言では言い表せない感じだった」

とかいう長い文章だったらしいです

なぜ「地球は青かった」になったかというと

日本のメディアがこのセリフを紹介する時に短く表記したからだそうです

外国では「地球が青かった」って言葉は通じないかもしれません


うーん、何か知識そのまま書いてるだけだと書いてて面白くないな・・・


えーと中学時代に地雷踏みかけた話

部活動やってたんですよ

一応強豪だったのもあって厳しい運動部でした

わりと自分は真面目に練習に参加してたんですが

一回だけ仮病使って見学したことがありました

「頭痛いので見学させてもらいます」

と先輩に言うと普段自分がまじめだったこともあって

結構心配してもらって見学することに成功しました


しめしめと思ってると

自分が一番怖いと思ってた先輩のAさんが急にやってきて

おい!頭痛いならこの薬飲んどけ!

とか言って薬くれました

当時はツンデレなんて言葉知りませんでしたけど

お、おぉぉ って何か嬉しい気持ちになりました


その日は無事にサボりに成功して次の日

先輩Aが話しかけてきて

「俺の薬のおかげで治ったやろう?」

とか言われたんですけど

その時自分の機嫌が良かったみたいで冗談で

「あんまり効かなかったですね」

と返して先輩の反応見ようとしたら

先輩「ああ。まああれ腹痛の薬だからな」


・・・


ほんとそういう罠やめてほしい

今でもその先輩怖いです

見かけたら隠れてます
[PR]

by tanao111 | 2009-11-14 18:43 | いつもの小言的なの

ためにならないたなお理論   

Windows7が発売されましたね

結局どう違うのかはさっぱりわかりません

まあビスタよりは良いんだろうねきっと

話聞く限り4日でビスタの一年ぶんくらい売れたそうだし


ああ、あと

前の記事の続きっぽくなるけど

インフルエンザ治ったわwwwとか言ってた知り合い

病院でリレンザってタミフルみたいなインフルエンザ用の薬もらったんだそうですけど


リレンザ服用したら熱はすごい勢いで下がったけど

家中をボートしながら歩いたりしたそうです

その知り合いの親は

昔あったタミフルの事件じゃないけどベランダから飛び降りるんじゃないか?

って心配になったそうだ


本人はその時の記憶ないらしくて

なんかちょっと怖いなと思いました

どうもタナオです


もうだいぶ前になるんですけど

友人と一度は言ってみたいセリフって何かって考えたことがありました

寝る前でテンションおかしかった自分は

「俺の屍をこえていけ!」とか言ってました


よくよく考えるとこれ最初に誰が言ったんだろうね

使いどころがないところを除いてはなかなかの名言であると思う


そんな名言な話

はっきりいって他人の受け売りなんですけど

知ってる豆知識披露的な感じで


エジソン「天才とは99%の努力と1%のひらめきである」

これ努力が大事だよって意味でよく使われますけど

エジソン本人は努力しても努力してもひらめきが無ければ意味ないよ

的な意味で言ったそうです

言いたいことを別の意味で伝わってしまうことってありますよね

「俺の屍をこえていけ!」も本当は助けて欲しかったのかもしれません

こんなこと言われたら気使って助けないといけない気持ちになる気がします

その気持ちを狙ったんなら中々あくどい言葉ですね

まあ戦場の精神状態になったことないから実際のところ分かんないですけど


多分こんな感じだ

マイク「おいジョニー!大丈夫か?」

ジョニー「ああマイク生きてはいるさ・・・しかし俺はもう歩くことができない」

マイク「しっかりするんだジョニー!二人で生き残るって約束したじゃないか!!」

ジョニー「マイク・・・約束破ってすまなかったな。この手紙を私の女房に渡してくれ・・・」

マイク「馬鹿野郎!そんなもん自分で渡せ!!俺がお前をおぶっていく!二人で生き残るんだ!!」


~中略~

ジョニー「マイク!俺の屍をこえていけ!お前は生き残るんだ!!」

マイク「わかったよジョニー!お前の手紙は必ず届けるぜ・・・」

ジョニー「え? お、おう・・・」 (いやお前ここは助ける流れだろ・・・)



ジョニーかっこ悪すぎます



でもマイクも悲しいです

ジョニーが本当は生き残りたいこと知ってて置いていかなければなりません

更に「俺の屍をこえていけ!」が名言であるばかりに

逆にその名言が重荷になってしまうと思います

何も言わないほうがマイクは気が楽だったかもしれません


気使いの日本人だったら確実にトラウマですね

登場人物は完全に和名ではなかったですけど


今日のまとめ

・「俺の屍をこえていけ!」って名言は言う側も言われる側も損します。使わないでおきましょう。

・今日のオチは~中略~の部分です

・名言の話は中身スッカスカの文章のせいで長くなったので次回書きます・・・
[PR]

by tanao111 | 2009-11-01 17:59 | いつもの小言的なの